ブログ

VS便利屋さん

便利屋さんHP

まず、世の中には誠心誠意、お客様のために頑張っている便利屋さんもいる事を前提としてお読みください。

また、当社では

いくら多くのお客様を抱えていても。
いくら少額の調査料金でも。
いくらお客様が無理難題を吹っかけてきても。

きちんと、誠心誠意対応し、納得してもらう。
それが探偵にとって一番大切な心構えのひとつだと考えます。

ある日、Aさん(女性)が当社にご相談されました。
内容は、DV被害で、彼氏にきちんと謝罪をして欲しいが連絡がつかず所在調査をしてもらいたい、との事でした。
「婚姻関係ではないので、対象者(彼氏)の有責が客観的に把握できなければお請けする事はできません。よって、所在が判明した後、対象者の承諾を得てからの結果報告になりますよ。」と伝えました。すると「そう言って、何もしなかったり、騙したりしないですよね…」と。「まさか。当社は探偵業として全うにやっておりますからご安心ください。何かそのような経緯があったのですか?」と聞くと、以前、便利屋さんに騙されたようなお話をされました。
AさんはそのDVが原因かどうかは判りませんが、少し精神的に不安定な様子でした。そして、便利屋さんに「相手(彼氏)に謝罪をして欲しい。」と依頼し、17万円をお支払いしたようです。領収書もお持ちだったので払ったのでしょう。しかし、Aさんは「謝ってもらっていない。納得できない。騙された。電話をしても着信拒否で…」と…
片聞きの話なので鵜呑みにするわけにいきませんが、事実確認を…

まずその便利屋のHPを見ると「謝罪代行」や「買い物代行」などの「代行業」の他、ハウスクリーニングや引っ越し代行と便利屋らしい項目が。その中に「探偵・調査」と…(現在は消されています)しかし「うん…?」という点がいくつか…公安委員会届出番号が一桁多い?ある調査系の社団法人に加盟?その加盟番号ないんですけど…その便利屋の管轄する生活安全課に問い合わせると「そんな業者は登録されていません。電話番号は?代表者は?…どっちも登録されてません。」…う~ん、私の探求心に火が。

他にもそのHP内に使用されている「画像」に見覚えが…すぐに昔からお世話になっている大阪の探偵会社の社長へ。
「あ、ご無沙汰しています、鈴木です、○○社長ですか?少し確認させて頂きたいんですが、社長のHPで使用している画像なんですが、あれって無料素材かなんかですか?」
「いや、違いますよ。あれは全部、私の私物ですよ。アタッシュケースもアルファロメオの鍵もサングラスも全部。」
「あ、そうですか。横浜の便利屋の××ってとこで勝手に使われてますよ。」
「え?ちょっと待って、今見てみますわ…あ、ホンマですね…」
「いや、少し悪質な印象を受けて、まさか○○社長の系列とかお知り合いの業者ではないと思ったので…」
「いやいや全然関係ないですわ、それよりも(公安委員会届出番号未発行の)便利屋と仕事したら(探偵)業法に引っ掛かりますで。」
「そうですよね、うちも気を付けます。」
そしてそのHP内に記載されている調査系の社団法人へ確認をしてみると「なるほど、分かりました。ではこちらで照会、調査等を行い、また結果を鈴木さんに報告させてもらいますわ。」との事で、誠意あるご対応を頂きました。

いよいよ直接確認です。その担当者(代表?)は女性との事です。
「あ、もしもし××さんですか?私、Aさんの代理で鈴木と申します。そちらにAさんがお願いした仕事に関してご本人がご納得いってない様子なので、一部返金するなりなんなり、まずはAさんとご連絡を取って下さい。」と伝言を伝えると
「あなた、誰なんですか?脅迫じゃないですか!警察に訴えますから!」
と、一方的に切る始末。
出先だったので携帯で連絡をしたので、その数時間後、相手からショートメールが…
「▲▲警察署に届けましたので。こちらもあなたを訴えますのでよろしくお願いします。おたくの電話番号▲▲警察署に言いましたので」
と…(何を訴えるの?刑事事件になるような事なんもないケド…)

ひとまず、私の仕事(伝言)が終わったので自宅でゆっくりしていると、21時半頃、その便利屋の女性から電話が。
「はい、鈴木です。」
「あなたは、誰なんですか!!?」
「(え?いきなり?失礼極まりないんですけど…)あの、まずそちらがどなたか名乗る方が先…」
「昼に話したじゃないですかッッ!!!」
「(番号出てるから解ってますが、社会人としての礼儀が…)あ、Aさんの件で。」
で、きちっと当社の名前から連絡先まで伝えたら、落ち着いた様子で
「鈴木さん、済みませんでしたね。そちらを訴えたりしませんから。それでね、Aさんひどいんですよ。精神病かなんか知りませんですけど、一日に何十回も連絡してきて、死ぬとか自殺するとか、もう私がまいっちゃいますよ…」
と延々愚痴を。
「便利屋さんもそうでしょうけど、多かれ少なかれ当社にご相談、ご利用されるお客様は心に悩みやストレスを抱えているので、そういった皆さんのお相手ができて始めて、じゃないですかねぇ…」と冷静にお伝えしました。
それでも、まだまだループで同じ事が続きそうだったので
「一体、この電話の要件は何なんですか?(ややキレ気味)」
「あ、鈴木さん、Aさんの住所分かりませんか?」
「( ゚Д゚)…(探偵業法って知ってます?)相談者・依頼者の情報を漏らすワケないじゃないですか。そもそもオタクの便利屋さん、依頼者の住所も確認しないで受件するの?(驚きのあまりタメ口に)」
「そうですよね、言えないですよね…」
「(この人ダイジョブか…?)そもそもAさんがオタクと連絡つかなくて困ってるのが発端なんだから、オタクが電話して直接聞けばいいじゃない。大体、オタクのHPに公安委員会の届出番号を載せてるけど、一桁多いし、加盟している社団法人の理事長も、その加盟番号はない、って言ってましたよ。どういう仕事してんのよ?」
「あ、あのHPはもう消したヤツなの。前の、前の。」
「(ナニその軽いノリ…キャッシュも残ってるし…)でも今も検索結果に表示されますよ。」
「それね~別の会社なの。」
「…住所、同じですけど…」
「違うの、別の人なの、やってるの。」
「…でも同じ会社なんですよね?」
「アタシも迷惑しているのよ。」
「…(イヤ、ソレはオタクとその便利屋さんのハナシで、今カンケーネーし…)で、番号は…」
で、最終的には
「消します、消します。はいはい、じゃあ探偵業頑張ってください。」
とスネ気味に切られてしまいました。

現在、そのHPは電話番号が「※番号更新中」とワケの分からない表記が。
ちなみに左側にメニューバーから「探偵業務・調査業務」のカテゴリが消されました。
そんで、代表者の名前が「瞬時に」変わりました。
ま、私が話した女性も前の代表者も今の代表者も違う苗字ですが、全部偽名でしょう。そして同一人物ですね。
この業界でヒアリングしたら、その便利屋さん、よく社名や代表者が変わるんですって。まあ、変えなきゃならん事をよくしているってコトでしょうな。

あ、便利屋さん、ちなみに会話は全部ボイレコで(私の携帯はボイレコアプリをオートに設定しているので)録取済みなんで、営業妨害や名誉棄損等でウチを訴えてもらっても勝ち目ないスよ。でも文字起こしがメンドーなのでヤメてくださいね。

あと、今日、ウチの下に停まってた「横浜 ○○○ ○ 25-25」の紺色のジャガーが私を確認してすぐに発進しましたけど、場合によっては調査かけますから。

****「探偵のコンビニ化」を目指すハートマークの探偵社****

横浜の格安・良質な浮気調査なら、相鉄線 西横浜駅から徒歩3分
いつでも、どこでも、まずはご相談ください!
探偵に対する敷居を少しでも下げて頂けたら幸いです!

〒220-0074
神奈川県横浜市西区南浅間町20-9-209
TEL 045-620-2112  ⇐スマホの方はココをタップ!!
FAX 045-620-2812
MAIL info@heart-mark.com  ⇐ココをタップ!!
神奈川県公安委員会届出第45130013号
(社)日本調査業協会加盟第2374号
神奈川県調査業協会加盟